flower

  • Photo_5
    庭に咲く花や・野に咲く花を紹介
無料ブログはココログ

« 地元の伝説を復刻版に | トップページ | 気分転換に春を散策 »

2020年4月 6日 (月)

季節の中で

世の中、大丈夫だろうか・・? 気になる毎日です。
不要不急の外出は自粛中ですが、季節はカレンダー通り進み、新しいスタートが始まろうとしております。

孫もピカピカの一年生を迎えるこの春、家族揃った記念写真を撮りに桜の下へ向かうことに!

20200405_35

足元を見ると、桜の模様が。
はらはら舞い落ちる桜の下でシャッターを切ることが出来ました。

20200405_01

しだれ桜のお気に入り場所がもう一か所あり、車で移動することに、小高い場所まで移動すると下の方に桜の咲いている場所が一目出来ます。

20200405_37

この様な峠を二か所ほど登ったところに、お気に入りの枝垂れ桜があり、期待して行くと・・残念ながらまだ蕾状態でした。

茶屋のご主人に聞いてみると、ここは標高が高いので、平年でも4月25日前後にしか咲かないとの事。

この場所は中山道の馬籠峠を少し下った所にある「一石栃白木番所跡地」ですが、そこには休憩用の茶屋が今でも残っており、江戸時代の風情を醸し出しております。

白木番所とは『木材・木工品などの出荷取り締まりを行うところ』です。 
ここでは、明治2年まで木曽五木(ひのき・さわら・あすなろ・こうやまき・ねずこ)をはじめとする伐採禁止木の出荷統制を行っていました。

その中に入ると、写真のような光の帯が目に入ります。

20200405_48_20200406120101

何故、この様な光景が見えるのか皆さんご存じですか?

実は、この場所には囲炉裏があり、薪を燃やしていたからです。明り取り用に格子戸があり午後の太陽光を取り入れ、そこに煙が立ち込めていたからです。

20200405_42_20200406121101

この時期、いつもは沢山の旅姿の人を見ますが、さすが人もまばら。
淋しい山小屋の茶屋としてポツンと建っていました。

« 地元の伝説を復刻版に | トップページ | 気分転換に春を散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

余程の天変地異が起きない限り、人間社会で何が起ころうと季節はちゃんと巡りきて時季ごとの花を咲かせます
こういう樹齢の長い桜の大木はいろいろな社会を見ながらも見事に咲き誇ってきたんですね(*˘︶˘*).。.:✿

古民家の天井には囲炉裏の煙への配慮、明り取りなどなどいろいろな工夫がありますね (ღ˘‸˘)☝

夫と中山道宿場巡りをした時、檜の工芸品(主に食器)をたくさん買ったのを思い出しましたღღ'ᴗ'

こんにちは。
お孫さんの小学校ご入学おめでとうございます。
お寺さんの枝垂れ桜でしょうか。
気持ち良い青空に見事な枝垂れ桜、優しく舞い散る花びら。
佳い記念写真が撮れましたね。

小高い丘からの眺めも素敵です。
標高があると やはり桜の開花も遅いのですね。
昨年 長野県中綱湖も4月26日、桜は未だでした。

囲炉裏に射し込む 格子戸からの柔らかな日射しが美しいですね。
俳句の先生のアカザの杖は、木曽のお土産だったということ、ふと、思い出しました。

ば~ば さん  こんにちは!

人類が自ら行った自然破壊、それに伴う環境変化や異常気象、これらの原因で生態系に異常が生じ、今まで里に出てこなかった諸動物が人家まで下りてきて、工作物やゴミを食い荒らす。
このようにして細菌を持ってくることも考えられると、ある論説委員がしゃべっていたのが印象に残りました。
細菌との戦い、早く終息するといいですね。

古民家の作りは細かいところまで配慮されていて、素晴らしいと私も思います。

桧の工芸品はこの地方の名産品です。沢山購入していただき嬉しく思います。
店主に成り代わりお礼申し上げます。 (^^ゞ

hikobae さん   こんにちは!

長男の娘がいよいよ一年生になります。入学式は決まっていますが、コロナの影響で授業開始は二週間後とか?楽しみにしていたのに、残念です。

枝垂れ桜は毎年お馴染み、お寺さんの境内に咲いている年代物の桜です。
この桜が見事、自慢の桜です。

木曽谷は標高も高く、なかなか気温が上がりません。
里に桜が咲いても、ひと月後に花を楽しむ事が出来ますので、これも良しかな、と思っています。

格子戸から差し込む光の帯は、芸術作品を見ているようで素敵ですよ。 (#^^#)


桜キレイですね。
私も午前中の早い時間に桜を見に行きました。
ちょうど帰る頃にたくさんお花見の方たちが来られましたので、入れ違いです。
その後、車の中から見たり、人のいない場所があれば下りてゆっくり歩いたり。

今日は帰りに自転車に乗る中学生を見かけました。
真っ白なヘルメットにちょっと大きな学生服でしたから、入学式だったのでしょうね。
夕方のニュースでは、開校予定だった小中学校がその地域で感染者が出たのでまた休校の発表がありました。

ランドセル姿の子たちもたくさん見かけましたから、多分小学校も入学式があったようです。
それでなくても新入生は不安だらけだろうに、大変な1年になりそうです。

yasuさんの桜の花を拝見して、悩んでいたけど私もお花見の写真アップしようと思いました。
ありがとうございました。

新しいスタートを切り、緊張をして向かった入学式。
新しい世界に飛び込むつもりでいたのに、残念ながら授業開始は20日以降に。
何とか悪夢のような生活にピリオードが打てる日が早く来ないものかと願う毎日です。

入学祝の記念写真を撮ろうと、人気の少ない時間を見計らい我家を出、名所地に向かいましたが、お陰様で見物客も無く、安心してシャッターを切ることが出来ました。

時間も遅くなりましたが、次の目的地までは車で20分ほどで行けますので向かうことに、そこには春がまだ来ておりませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地元の伝説を復刻版に | トップページ | 気分転換に春を散策 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ