flower

  • Photo_5
    庭に咲く花や・野に咲く花を紹介
無料ブログはココログ

« 梅雨の季節 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

2020年6月15日 (月)

大雨後のダムの放水

 大雨警報やら注意報が二日も続いた翌日、ダムの堤防が見える橋を車で渡ろうとした。
あまりにも沢山の水が放水され、しぶきが舞い上がる姿が目に入った。
思わず車を脇に寄せ、橋の歩道を歩きその状況をカメラで収める事にした。

5508

放出された木曽川の水は轟音として鳴り響き濁流として流れていた。

5509

望遠で撮ってみた。激流の激しさが分かりますでしょうか?

この落合ダムおよび落合発電所は、大正から昭和戦前期にかけて建設されました。

ダムは、木曽川本川中流部、岐阜県中津川市に建設されたダムで、関西電力株式会社の水力発電専用ダムです。
落合発電所ならびに新落合発電所へ送水して最大3万3,600キロワットの電力を発電しているそうです。

落合発電所の発電量は、イメージとして11000軒の家庭で使用する電力をまかなっているとのこと。

残念ながら地元で供給ではなく、近畿地方2府4県を中心とする地域(関西エリア)に送電されています。

木曽川を横断する形で築造された落合ダムは、重力式コンクリートダム。
ダムの堤高(基礎岩盤からの高さ)は33.33メートル、堤頂長(頂上部長さ)は215.09メートル、堤体積(提体の体積)は4万5,360立方メートル。ダムには幅7.6メートル・高さ6.1メートルのテンターゲート(ラジアルゲート)が18門並びます。

ダムは発電専用ですが、この貯水池には東濃用水の取水口としても使用されており、ここから幹線導水管が多治見市まで伸びています。

発電所一箇所辺りの発電量としては、火力や原子力に比べて数十分の1ですが、“水”という自然のエネルギーを使った発電は貴重だと思いました。

Photo_20200615161501

(穏やかな日の落合ダムの姿です)

竣工してからほぼ90年という古いダムは日本土木学会が選定する“日本の近代土木遺産”にも指定されています。

日本の近代化に貢献したダムを大切に残していきたいと思いました。(一部関西電力HPを参照させて頂きました)

« 梅雨の季節 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大雨が続くのは災害にも結び付くので困ることも多いですが
ダムの放流はいつも出会えることじゃないですからイイチャンスでしたね

木曽川沿い、中津川、落合宿など周辺はずいぶん時間を掛けて周ったつもりですが~ダムは気付きませんでした

90歳を過ぎたダム、いろいろな歴史を見てきたのでしょうがまだまだ豪快な水飛沫を上げて川水を調整…(๑˃̵ᴗ˂)و ガンバ!!

警報が2日も続き出ておりました。
ダム湖は満水の水を放出しただろうなとは想像はしておりましたが、まさかこのような生き物が存在するような水しぶきと轟音が目の前に現れるとは・・予想外の景色にビックリし思わずカメラを向けました。
自然の力には勝てないなと思いました。

このダムは国道や高速道路とも離れた場所にありますので、見落としがちですが、ダムの畔にはJR線があり、車窓から望む事が出来ますよ。(^^)/

凄い! です。
このような光景ははじめてです。
お写真でも 迫力は伝わってきましたが、目の当たりにしたら感動しますよ。
ホント、ラッキーでした。
自然は偉大です。

先日、テレビで黒四ダムの番組を見ました。
2~3度行ったことがりますが、ダムにもいろいろあって、面白いと思いました。

間近にこの様子を見たら私はきっと足がすくみます。
自然の驚異に対してとても臆病です。
若い頃は好きだった海も、凪の時はいいのですが少しでも荒れると胸がどきどきします。
できれば最後の写真のような時に訪れてみたいと思います。

hikobae さん  こんにちは!

国内最大級の黒四ダムに行かれたことがあるんですね。
素晴らしい! 
私も4回程行ってますが、スケールが大きくて、雄大な景色と大パノラマの自然を満喫した覚えがあります。

黒四ダムは出来てから半世紀以上経ちますが、最初に行ったのが小学校6年生の夏でした。
まだまだ、出来てホヤホヤの時、あまりにもスケールの大きさにただただ驚くばかり、親父は関電社員だったため、一般の方が入れないトンネル内の発電機まで見せてくれましたが、当時はただ驚くばかりで恐怖さえも感じてしまいました。

MOM さん  こんにちは!

あの水しぶきや、水煙を見た途端自然の猛威を感じてしまいました。
穏やかな静まり返ったひと時や穏やかな自然がいいですね。

ダム湖の方から見た落合ダムは景色も良く、ここなら行ってみたいと思います。
近々ブログに上げようかな? (^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨の季節 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ